目次
1年に1度のキャンペーン中!最大3か月無料 オーディブル公式ページを見る

【10分で寝落ち】寝る前のオーディブルで快眠習慣。睡眠前は聞く読書がおすすめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
【10分で寝落ち】寝る前のオーディブルで快眠習慣。睡眠前は聞く読書がおすすめ
この記事はこんな人におすすめ
  • 布団に入ってからのスマホいじりをやめたい
  • 寝る前に何かしていないと物足りない
  • 寝る前のひと時くらいゆっくりしたい

1日の終わりに布団に入るその瞬間は、幸せを感じるものですよね。

けれども、そこでスマホをいじってしまうと、あっという間に時間を浪費。結果として翌日は睡眠不足なんて珍しくありません。

スマホからでるブルーライトは脳を刺激し、睡眠ホルモンであるメラトニンの生成を抑えてしまい、脳を覚醒させてしまるからです。

このような悪習慣、もう断ち切りませんか?

そのためにおすすめするのが、Amazonのオーディオブックサービス、オーディブルです。

寝る前にオーディブルで本を聞くことで、スマホの画面を見ることなく、プロのナレーターによる心地よい朗読を楽しみながら、自然と睡眠の世界へと誘われます。

この方法なら、スマホの操作を最小限に抑えつつ、リラックスして眠りにつくことができます。

この記事では寝る前のオーディブルのメリットやデメリット、おすすめの設定を紹介しています。

この記事を読めば、今日からでも素晴らしい睡眠習慣を手にいれることができます。

この記事の目次

寝る前のスマホがやめられない理由

まず、寝る前のスマホ使用がなぜやめられないのか、その理由を知ることが大切です。

寝る前のスマホがやめられない大きな理由は、習慣にあります。

1日が終わりベッドの中へ。仕事や家事、育児から解放されたこの時間に、自分が好きな話題だけを探すスマホでのネットサーフィンは何よりも至福の時間ですよね。

このように、多くの人々が、1日の終わりにSNSの更新をチェックしたり、ニュースを読んだり、動画を観たりすることでリラックスしようとします。

しかし、これらの行為が実際には脳を刺激し、睡眠を妨げます。

スマホの画面から放出されるブルーライトは、体内時計を乱し、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を抑え、自然な睡眠リズムを狂わせる原因です。

また、ネットサーフィンによりエンドレスにニュースやSNS投稿、動画を見ることで時間の感覚を失わせ、「もう少しだけ」と延々とスマホをいじり続けてしまいます。

しかも、仕事や学校のメールなんかをチェックしてしまったら、ストレスが増加しさらに眠れなくなってしまいます。

寝る前はなるべくスマホを操作できない環境にすることが大切だね。

寝る前にオーディブルを聞く3つのメリット

ここでは、寝る前にオーディブルを聞くことのメリットを解説します。

寝る前のオーディブルのメリット
  • 読書のリラックス効果で寝つきが良くなる
  • 目を使わないのでブルーライトを浴びずに目を休められる
  • 睡眠前の学習効果が高い

詳しく説明していきます。

読書のリラックス効果で寝つきが良くなる

物語に耳を傾けることは、読書と同様に心を落ち着かせる効果があります。

それに、本を読んでいたら眠たくなった経験、誰でもあるはずです。

なぜなら、脳の疲れが一定ラインに達すると休息が必要となり、眠くなるからです。

とくに、難しい本を読んでいるときは内容を理解するために脳が疲れてしまうため、眠気が訪れるのは自然なこと。

難しい本でなくても、すでに脳が疲れている場合、脳は情報を遮断し休息しようとします。

この効果を利用し、1日の終わりにオーディブルを聞いていると、驚くほどスッと眠りにつけます。

その証拠に、オーディオブック白書2023によると、睡眠のゴールデンタイムである22:00~2:00にオーディオブックを利用されている割合が最も高い結果になっています。

寝る前にオーディオブックを使っている人は多いってことだね。

目を使わないのでブルーライトを浴びずに目を休められる

オーディオブックを聞くことは、目を使わないため、ブルーライトの影響を受けることなく、目を休めることができます。

これは、特にスクリーンタイムが多い現代人にとって、大きな利点と言えるでしょう。

でも、スマホが近くにないとオーディブルの操作もできないじゃない。

オーディブルのスリープタイマーを使えば、時間がきたら朗読が終わるから、スマホを一切触らないよ。

≫スリープタイマーについてはこちら(記事内ジャンプ)

睡眠前は学習効果が高い

寝る前は、新しい情報を記憶に定着させやすいと言われています。

脳のなかにある海馬は、就寝中に記憶や情報を整理しています。

海馬は寝る時間よりだいぶ前に入ってきた情報より、寝る直前の情報のほうが整理しやすいのが特徴です。

そのため、覚えておきたい内容は、「寝る前の30分~2時間前」に集中して学習するのが効率的という考えがあります。

この時間にオーディブルで学びたい内容を聞くことは、効率的な学習方法です。

睡眠中に情報が整理され、記憶の定着を助けるため、翌日の理解度が高まります。

しっかりと勉強するという意識よりも、寝落ちのお供に勉強するといった感覚の方が「眠る」という観点からはおすすめです。

オーディブルを寝る前に聞くデメリット

寝る前のオーディブルのデメリット
  • お金がかかる
  • イヤホンが耳に当たって痛い
  • 本によっては眠りが

お金がかかる

オーディブルの利用には月額1,500円がかかります。

この料金を高いと感じ、オーディブルの利用を控える人も多くいます。

さらにイヤホンの購入もハードルが高いと感じる人も…。

しかし、オーディブルは初回無料キャンペーンがあるので、試してみて合わなければ無料期間で解約すれば0円で利用できます。

それに、イヤホンはBluetooth対応の無線イヤホンがおすすめですが、高いものは必要ありません。

私も初めの1年はこのイヤホンを使っていました。

下記の記事では、みんなの銀行の口座を開設すればオーディブルの支払いにも使えて1,000円プレゼントキャンペーンのことを詳しく説明しています。

オーディブルの無料期間と組み合わせてぜひご活用ください。

イヤホンが耳に当たって痛い

寝る前にオーディブルを聞く際の一つのデメリットは、人によっては長時間イヤホンを着用していると耳が痛くなることです。

特に、横になりながら聞く場合、耳への圧迫感が不快に感じられることもあります。

その場合、環境が許すならスピーカーで聞くか、寝ホン(寝ながら装着するのに特化したイヤホン)を試すといいでしょう。

スピーカーも寝ホンも高いものはいらないので、低価格帯のものを試して合うかどうか確認することをおすすめします。

寝ホンは朝になると外れていることが多いので、布団のシーツの色に紛れてしまう白色を避けた方がいいですよ。(経験談)

本によっては眠りが遠ざかる

内容があまりにも面白かったり、刺激的な本を選んでしまうと、逆に睡眠を妨げる原因になることがあります。

「面白い!」と感じる本は、日中は良いのですが、就寝前は興奮状態に陥り、眠りにつくのが難しくなるため、選書には注意が必要です。

眠る目的だけなら入眠に特化したオーディオブックがあるので、試してみてください。

これは寝つきが悪い人でも「すぐに寝落ちした」って話題の本だよ。

\ 2024年本屋大賞も無料で聴き放題 /

Audible公式サイト:https://www.audible.co.jp

  • 7/22まで1年に1度のお得なキャンペーン中
  • プライム会員は3か月無料
  • プライム会員じゃなくても2か月無料
  • 無料期間中の解約で料金は0円です

オーディブルを寝る間に聞くおすすめの設定

寝る前にオーディブルを使うとき、おすすめするのはスリープタイマーと再生速度の調整です。

詳しく説明していきます。

スリープタイマーを使う

オーディブルにはスリープタイマー機能があり、これを利用することで寝ている間、延々と朗読されてしまうのを防ぎ、時間が経過したら自動的に再生が止まるようにできます。

スリープタイマーは章の終わりで朗読を止めたり、自分でカスタマイズした時間で止まるようにも設定できます。

章の終わりに設定したらどこまで読んだか迷いにくくなりますし、カスタマイズすれば自分が寝付くまでの時間を細かく調整できます。

スマホを少し離れた場所に置いてもブルートゥースのイヤホンは途切れないので、寝ながら安心して使えますよ。

再生速度を少し落とす

寝る前に聞くなら再生速度を少し落とすことで、よりリラックスした状態で内容を楽しむことができます。

また、ゆったりとしたペースで話を聞くことは、睡眠への移行をスムーズにする効果もあります。

オーディブルでは再生速度を0.5倍~3.5倍まで調整できるので、シチュエーションに合わせて細かく設定するのがおすすめです。

下記の記事ではオーディブルの再生速度について詳しく解説しているのでご参照ください。

寝る前にオーディブルを使っている人の口コミ

寝る間にオーディブルを使っている人の口コミを紹介します。

スピーカーでお子様といっしょに本を聞いている方もいます。オーディブルには、ハリーポッターのほかにも童話など小さなお子様でも聞ける作品があります。

\ 2024年本屋大賞も無料で聴き放題 /

Audible公式サイト:https://www.audible.co.jp

  • 7/22まで1年に1度のお得なキャンペーン中
  • プライム会員は3か月無料
  • プライム会員じゃなくても2か月無料
  • 無料期間中の解約で料金は0円です

寝る前にモヤモヤと考えてしまう人でも、オーディブルで寝落ちできます。

寝る前に面白すぎる本を読むと逆に目が冴えてしまうので注意が必要です。

このように、多くの人が、寝る前にオーディブルを活用しています。

オーディブルに関する良くある質問

ここではオーディブルに関するよくある質問をまとめました。

無料体験中に解約すれば料金はかかりませんか?

一切かかりません。仮に無料体験を申し込んですぐに解約手続きを取っても、30日間は無料で利用できます。

解約は簡単にできますか?

簡単に解約できます。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

オーディブルにはどんな本がありますか?

小説やビジネス書、ライトノベルなど12万冊以上の本が聞き放題です。

どの本から聞けばいいか迷っている方は下記の記事を参考にしてください。

通信量はどれくらいかかりますか?

オーディブルでは1冊の本を聞くのに200MBから400MB消費します。

しかし、本をダウンロードすればオフラインでも再生できるので、Wi-Fi環境下で本をダウンロードしておけば、スマホの通信はほとんど消費しません。

まとめ:寝る前にオーディブルを聞けばグッスリ眠れるようになる

寝る前にオーディブルを聞くことは眠る以外にも多くのメリットがあります。

スマホの使用を控え、目を休めることができるだけでなく、リラックス効果や学習効果も期待できます。

ただし、値段が高い、耳が痛くなるなどのデメリットもあるので、まずは無料体験で一度試してみることをおすすめします。

それに、オーディブルは寝る前だけではなく、さまざまなシーンで活用可能です。

オーディブルを使って安眠だけではなく読書習慣を手に入れましょう。

\7/22まで!1年に1度のお得なキャンペーン/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

  • 6/24〜7/22の期間限定キャンペーン
  • プライム会員は3か月無料でオーディブルが聴き放題
  • プライム会員以外も2か月無料でオーディブル聴き放題
  • Amazonプライム会員登録も30日間の無料期間あり

オーディブル公式サイト:https://www.audible.co.jp/

Amazonプライム会員公式サイト:https://www.amazon.co.jp/

この記事の目次