目次
今だけ30日無料 オーディブル公式ページを見る

【2024年版】オーディブルおすすめ小説65冊紹介【聴き放題】

当ページのリンクには広告が含まれています。

「Audibleで次は何を聞けばいいか迷っている」

「そもそもAudibleを契約するか迷っている」

「本は好きだけど読む時間がない」

これらの悩みを解決する記事です。

Audibleは定額で12万冊以上が聞き放題の忙しい主婦や社会人にもにピッタリのサービスですが、聞ける本が多すぎて逆に迷って選べなくなっちゃいますよね。

そこで、この記事ではAudibleで聴き放題のおすすめ小説を一気に65冊紹介します。

でも小説って好みがあるから、見ず知らずの他人におすすめされても、自分に合うかわからないでしょ?

そうだね。だからこの記事では、客観的視点を重視して本屋大賞や芥川賞などの受賞作品を中心に紹介しているよ!

この記事があなたの次の1冊の手助けになれば光栄です。小説の世界へ浸りましょう。

※定期的に新情報に更新していますので、ブックマークを推奨します。

画像クリックで読みたい部分へジャンプ

 

この記事の目次

  • 月額1,500円で12万冊以上が聴き放題。
  • 30日間の無料体験付き。(1,500円→0円)
  • 無料体験中の解約で費用は一切かかりません。

\今だけ30日間無料!/

無料期間中の解約で料金はいっさいかかりません

Audible公式サイト:https://www.audible.co.jp/

Audibleで聴ける小説「本屋大賞受賞作」

本屋大賞受賞作
  • 汝、星のごとく
  • 同士少女よ
  • 少年と犬
  • 流浪の月
  • そして、バトンは渡された
  • 屍人荘の殺人
  • コンビニ人間
  • 羊と鋼の森
  • 鹿の王
  • 島はぼくらと

次のジャンル「2023年人気ランキング作品」へジャンプ

ジャンル選択へ戻る

本屋大賞は2004年に創設されました。書店員が「いちばん!売りたい本」を投票して、受賞作が決まることが大きな特徴です。

編集者の介入がなく、書店員の直接の意見が反映されるので、読者の好みに近い選択が行われます。

そのため、娯楽性が高い作品が選ばれやすく、映像化されやすい傾向にあります。

書店員が「いちばん!売りたい本」というキャッチコピーがお馴染みですね。

汝、星のごとく

2023年本屋大賞受賞作。

凪良ゆうによる感動的な恋愛小説。瀬戸内の島育ちの高校生・暁海と転校生・櫂。孤独と欠落を抱え、互いに惹かれ合う。15年にわたる彼らの成長と、家族や社会の枠組みに挑む姿を描く。

生きる自由と不自由、多様な愛の物語。

切なくも美しい、成長の旅。人生の枠組みに問いを投げかけ、心深く響く物語。読む者の心に残る一冊です。

本屋大賞TOPへ戻る

同志少女よ、敵を撃て

1942年、モスクワ近郊の少女セラフィマはドイツ軍に家族を奪われ、狙撃兵になり女性だけの小隊で復讐のため戦う。圧巻のスピード感で描く戦闘シーンは思わず言葉を失います。

デビュー作にして、アガサ・クリスティー賞、本屋大賞受賞作。

切なくも力強い物語。女性狙撃兵の勇気と絆が、読者の心を動かし、人生の選択について考えさせます。必読の一作です。

本屋大賞TOPへ戻る

少年と犬

『少年と犬』は、東日本大震災で飼い主を失った犬「多聞」の旅を描いた作品。

和正という男が、犯罪に手を染めながらも多聞と絆を深め、多聞は彼の守り神となる。

その後、多聞は様々な人々と出会い、影響を与えていく。泥棒、不仲の夫婦、娼婦、猟師など、傷つき、悩み、惑う人々が多聞によって心を洗われ、勇気と愛をもらう。

旅の終点は熊本の少年のもと。彼らの再会は、再び起こる大地震の中で描かれる。人と犬の深い絆を、犬の視点から描いた感動作。

感動的な物語、人間と犬の絆を描く馳星周の傑作。多聞の旅が、人生の喜びと悲しみを深く感じさせます。涙が止まらなくなる感動のラストシーンは必読です。

本屋大賞TOPへ戻る

流浪の月

2020年の本屋大賞を受賞。2022年5月に李相日監督による映画版が公開された。

物語は「一章 少女のはなし」から「終章 彼のはなし II」の全6章で構成されており、主人公家内更紗(かないさらさ)の人生が、九歳のときに一変することから始まる。

自由で愛情深い両親と別れ、母方の伯母の家へ引き取られた更紗は、やがて誘拐事件の被害者となる。

この作品は、愛とは異なるが、それでも側にいたいという新しい人間関係への旅立ちを描いた、息をのむ傑作と評されている。

切実な絆と孤独を描いた感動作。主人公の心情に深く寄り添う筆致が心を揺さぶります。

本屋大賞TOPへ戻る

そして、バトンは渡された

瀬尾まいこによる2021年本屋大賞受賞作。

17歳の森宮優子は、複数の父母に囲まれて育つ。卒業式の合唱でピアノを演奏する彼女は、クラスで浮いた存在。

新しい母親・梨花との関係や、実父・水戸秀平の失踪、そして義父・壮介との暮らしなど、複雑な家族関係を経て、最終的に早瀬賢人と結婚を誓う。

梨花からの手紙と実父からの連絡により、彼女は自分の家族の真実を知る。

深い感動と家族の絆を描いた作品。人生の複雑さと愛の力を感じさせる物語。心を揺さぶられ、読み手に多くを考えさせます。

本屋大賞TOPへ戻る

屍人荘の殺人

本屋大賞の他に、鮎川哲也賞・本格ミステリ大賞受賞した作品。

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲、明智恭介、剣崎比留子が映画研究部の夏合宿に参加。初日の夜、屍人(ゾンビ)たちが押し寄せ、生き延びたメンバーは紫湛荘に立て籠もる。

部長進藤歩が屍人に襲われたかのような他殺体で発見され、周囲は屍人に囲まれたクローズド・サークルとなる。

しかし、推理を進める中で、復讐を目論む映研メンバーの自白がある。

切迫した状況下での密室殺人の謎解きが魅力的。屍人の脅威と心理戦が絡み合い、ミステリー愛好者にはたまらない一作。

本屋大賞TOPへ戻る

コンビニ人間

2017年本屋大賞の他に芥川賞も受賞した作品。

36歳未婚の古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、18年間コンビニのアルバイトを続ける。彼女は、コンビニでの経験を生きる指針とし、人間らしく振る舞う方法を学びます。

加齢と新世代との関わりにより、彼女の生き方は徐々に変化。

元バイト仲間の白羽と奇妙な同居生活を経て、最終的にコンビニでの生活が彼女にとっての唯一の道であると再確認し、コンビニへの復職を決意する。

現代社会の「普通」とは何かを独特の視点で問う作品。古倉恵子の奥深い内面と彼女の選択が心に響く一冊。

本屋大賞TOPへ戻る

羊と鋼の森

宮下奈都による2016年本屋大賞受賞作。

主人公・外村は、ピアノ調律師に魅せられ、専門学校で学び、江藤楽器に就職。一流ピアニストのコンサートの調律に同行するなど、調律師として成長を重ねる。

外村の心の動きと、音楽への深い愛情が静かに描かれている。

深い感動と心の成長を描く『羊と鋼の森』。音楽の美しさと人生の奥深さを感じる、心温まる物語です。

本屋大賞TOPへ戻る

鹿の王

2015年度の本屋大賞と日本医療小説大賞をダブルで受賞した作品。

強大な帝国が支配する世界を舞台に、謎の病から生き延びた血の繋がらない父子と、その病の治療法を探す医術師たちの過酷な運命に立ち向かう姿を描く。

シリーズの累計部数は250万部を突破した人気シリーズ。

ファンタジーの世界を背景にした人間ドラマが心に残ります。

本屋大賞TOPへ戻る

島はぼくらと

舞台は瀬戸内海に浮かぶ小さな島・冴島。島育ちの朱里、衣花、新、源樹の4人の高校生たちが主人公。

彼らは島に高校がないため、毎日フェリーで本土の高校に通う生活を送る。島の子どもたちはいつか本土へ渡る運命にあり、彼らにとっての最後の季節が描かれている。

未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして彼ら自身の淡い恋心。故郷を巣立つ前に知る大切なことが綴られる。

青春の輝きと切なさが心に響きます。島という限られた空間で繰り広げられる、登場人物たちの成長と葛藤に、思わず引き込まれます。

本屋大賞TOPへ戻る

目次へ戻る

Audibleで聴ける小説「2023年人気ランキング作品」

2023年人気ランキング作品
  • 正欲
  • ハヤブサ消防団
  • 正体
  • 六人の嘘つきな大学生
  • 今度生まれたら
  • 月の立つ林で
  • 法廷遊戯
  • 墨のゆらめき

次のジャンル「芥川賞受賞作」へジャンプ

ジャンル選択へ戻る

2023年のAudible人気ランキングで常連化している作品を集めました。

映画化、ドラマ化など映像化されている作品も多く、バラエティに富んだラインナップになっています。

一度読んだ作品でもAudibleで聴くとまた違った表情になるのが魅力です。

正欲

朝井リョウの作家生活10周年を記念して書き下ろされた長編小説。

息子が不登校になった検事・啓喜、初恋に気づいた女子大生・八重子、秘密を抱える契約社員・夏月を中心に、ある人物の事故死をきっかけに交錯する人生を描く。

「多様性を尊重する時代」にとって不都合なものとは?。

現代社会の複雑な人間関係を巧みに描き出し、読者の心を強く揺さぶります。映画化もされています。一読の価値あり、です。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

ハヤブサ消防団

物語は、亡き父の生家がある中部地方のハヤブサ地区を訪れたミステリ作家の三馬太郎を中心に展開し、彼が地元の消防団に勧誘されることから始まる。

こののどかな集落で連続放火事件が発生し、太郎は事件解決に奮闘する​​​​​​。

池井戸潤の独特な世界観が光る『ハヤブサ消防団』。地方の日常と非日常が交錯する物語は、読む者を魅了します。ドラマ化もされたこの作品、ぜひ手に取ってみてください。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

正体

18歳の鏑木慶一が埼玉県内の一軒家に忍び込み、家族を惨殺した事件から始まる。

逮捕された鏑木は、当初精神疾患を理由に罪を逃れようとするが、後に無罪を主張し始める。死刑宣告を受け、刑務所に収監されるも、刑務官を騙して脱獄。

その後、名前と顔を変え、様々な場所で人々の窮地を救うようになる。

鏑木に救われた人々は、彼が殺人犯であることを知り、彼の行動の理由を問う​​​​。

脱獄した少年死刑囚の複雑な心理と行動を描く衝撃作。読者を深く引き込む染井為人の筆力が光ります。ドラマ化もされ、亀梨和也さんが主役を務めました。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

六人の嘘つきな大学生

就活をテーマにしたミステリー小説で、「ブランチBOOK大賞2021」を受賞し、2022年本屋大賞にノミネートされたほか、第22回本格ミステリ大賞、第43回吉川英治文学新人賞にもノミネートされました。

2011年、競争率が高い有名IT企業・スピラリンクスの新卒採用に挑む6名の優秀で個性豊かな大学生たちの物語です。最終選考がグループディスカッションであることを知った彼らは、内定を勝ち取るために最高のチームを作り上げようとします​​​​​​。

就活のプレッシャーと人間心理の複雑さを見事に描き出しています。2024年には映画化を予定されているので、先取りで読むことをオススメします。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

今度生まれたら

内館牧子による「老後小説」。

70歳になった主人公・佐川夏江が自分の人生を振り返り、進学、仕事、結婚などの節目で下した選択が正しかったのかを考える内容。やり直しのきかない年齢になりながらも、夏江は新たな目標を見つける。

70歳の主人公の人生回顧と新たな挑戦が心に響きます。2022年に松坂慶子主演でNHK BSプレミアム、BS4Kの「プレミアムドラマ」枠でテレビドラマ化されました​​​​​​。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

月の立つ林で


長年勤めた病院を辞めた元看護師、夢を諦めきれない売れない芸人、家族関係の変化に苦悩する二輪自動車整備士、早く自立したい女子高生、家族と仕事のバランスに悩むアクセサリー作家などが登場する。

彼らが耳にするのは「タケトリ・オキナ」のポッドキャスト『ツキない話』で、月に関する語りが各々の心に響く。

彼らの人生も、彼らの想いも満ち欠けを繰り返しながら、新しくかけがえのない毎日を紡いでいく。

日々の小さな出来事が織りなす人生の温かさを感じさせる作品です。様々な人物の物語が心に深く響きます。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

法廷遊戯

第62回メフィスト賞を受賞。

法曹の道を目指してロースクールに通う久我清義と織本美鈴、過去の出来事を告発する差出人不明の手紙を受け取ったことから、彼らの周りで不可解な事件が起こり始める。

法律や裁判に関する知識を交えながら、予想外のどんでん返しと伏線回収が見事に描かれている。

五十嵐律人さんのデビュー作『法廷遊戯』。法律の知識を巧みに織り交ぜた緻密なミステリーです。永瀬廉さん主演で早くも映画化されています。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

墨のゆらめき

破天荒な書道家と実直なホテルマンのユニークな関係を描く一作。

都内の老舗ホテル勤務の続 力は、招待状の宛名書きを依頼するために書家の遠田 薫を訪ねるが、副業の手紙の代筆を手伝うことになる。

遠田が自在に書き分ける筆跡に魅せられた続が、文字にこめられた人々の思いと遠田の秘密に触れる。

書道と人間関係の深い繋がりを描く魅力的な作品です。異なる性格の主人公たちが織り成す物語に、心が温まります​​。

2023人気ランキング作TOPへ戻る

目次へ戻る

Audibleで聴ける小説「芥川賞受賞作」

芥川賞受賞作
  • ハンチバック
  • この世の喜びよ
  • おいしいごはんが
  • ブラックボックス
  • 貝に続く場所にて
  • 彼岸花が咲く島
  • 推し、燃ゆ

次のジャンル「直木賞受賞作」へジャンプ

ジャンル選択へ戻る

1935年に芥川龍之介の友人、菊池寛によって設立された賞。

この賞は新人作家の「純文学」作品に与えられ、年に2回(上半期7月、下半期1月)に開催される。選ばれる作品は雑誌や同人誌に発表されたものから選考委員によって選ばれる。

芥川賞の受賞作品は、主に「時代は近現代~現代」「舞台は現実世界」「主人公に作者の国籍・アイデンティティが投影されている」という特徴を持っている。

芥川賞は新人作家が認められる重要なステップとなっており、その受賞作品は純文学の深みと芸術性を反映している​。

ハンチバック(169回2023年上半期受賞作)

主人公 井沢釈華は重度障害者。グループホームの一室からさまざまな言葉を送り出し、その生活をユーモアを交えて鋭く描く。

作者自身も重度障害者であり、この作品で初の純文学に挑んだ。

重度障害者の日常と内面を丁寧に描いた作品です。読む者に深い感動と洞察を与え、多くの考えを呼び起こします。

芥川賞TOPへ戻る

この世の喜びよ(168回2022年下半期受賞作)

ショッピングセンターの喪服売り場で働く「あなた」と、フードコートの常連である少女とのやりとりを通して、子育ての喜びを描く。

少女の母は三人目を妊娠中で、少女は家で歳の離れた弟の世話をする。

この作品は言葉にならない感情を呼びさまし、日常に息づく生の限りなき肯定を感じさせる。

日常の瞬間瞬間に潜む深い感動を見事に描き出しています。読む者に日常の美しさとその重要性を思い出させる作品です。

芥川賞TOPへ戻る

おいしいごはんが食べられますように(167回2022年上半期受賞作)

日常生活で生き辛い事情を抱える登場人物たちの心理を深く掘り下げ、それぞれの思考が読者にも深く影響を与える構成。

タイトルにもなっている「おいしいごはん」は、登場人物たちの間の人間関係や心理状態を象徴している。

日常に潜む微妙な感情を繊細に描いた作品。

職場の人間関係の繊細さと複雑さを巧みに描いた作品です。読者に日常のさりげない感情の重さを感じさせ、深く思索させる一冊です。

芥川賞TOPへ戻る

ブラックボックス(166回2021年下半期受賞作)

コロナ禍における非正規労働者のリアルな姿を描いた作品。

主人公サクマは自衛隊を辞め、現在は自転車便メッセンジャーとして働く。

社会に翻弄される人々の姿をユーモアと細部の緻密な描写で表現した一作。

現代社会の隠された側面を巧みに描いた作品です。読者に現実の見方を問い直させ、深い印象を残します。

芥川賞TOPへ戻る

貝に続く場所にて(165回2021年上半期受賞作)

コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。 ドイツの学術都市に暮らす私の元に、震災で行方不明になったはずの友人が現れる。

人と場所の記憶に向かい合い、静謐な祈りを込めて描く鎮魂の物語。

過去と現在、現実と記憶が交差する深い物語です。読者に静かな感動と共感を与える、心に響く作品です。

芥川賞TOPへ戻る

彼岸花が咲く島(165回2021年上半期受賞作)

架空の島を舞台に展開され、記憶を失った少女が流れ着くところから始まる。

この島は「ノロ」と呼ばれる女性たちが統治しており、男女が異なる言葉を学ぶ独特の文化を持つ。

この設定は沖縄の「ユタ」を連想させるもので、島の独自の掟や歴史が現代社会を風刺する要素を含む。島独特の文化や風習が、ただのSF的な物語ではなく、深いメッセージを持った作品。

神秘的な島の文化と風習を通じて、現代社会を独特な視点で風刺する作品です。読者に新たな視点を提供し、深く考えさせられる一冊です。

芥川賞TOPへ戻る

推し、燃ゆ(164回2020年下半期受賞作)

『推し、燃ゆ』は宇佐見りんの第二作目の長編小説で、2020年に芥川龍之介賞を受賞した作品である。21歳での受賞は歴代三番目の若さを誇る。

この物語は、アイドルとファンの関係性を高校生・あかりの視点から描いており、SNS時代の青春像を鮮明に捉えている。

アイドルへの情熱が彼女の生きる支えとなる様子は、現代社会の若者たちの生き様を反映している。

主人公あかりの生きづらさと熱狂が繊細に描かれています。この青春のリアリティが、あなたの心にも響くはず。読む価値あり!

芥川賞TOPへ戻る

目次へ戻る

Audibleで聴ける小説「直木賞受賞作」

直木賞受賞作
  • 夜に星を放つ
  • 塞王の楯
  • 黒牢城
  • テスカトリポカ
  • 星落ちて、なお
  • 心淋し川
  • 熱源

次のジャンル「湊かなえ作品」へジャンプ

ジャンル選択へ戻る


直木賞は、1935年に芥川賞と同時に創設された。

中堅やベテラン作家による短編から長編に及ぶ大衆小説を対象としており、読者に楽しいと感じるエンターテイメント性に溢れた作品が選ばれる。

受賞者には、芥川賞と同様に懐中時計と副賞100万円が授与される。懐中時計が送られる理由は、創設当時の生活に苦しむ作家たちが、必要に応じて賞品をお金に換えることができるよう配慮されたことにある。

直木賞受賞作品は、「オール読物」という有名な雑誌に一部が掲載され、広く読者に紹介される。

夜に星を放つ(167回2022年上半期受賞作)

窪美澄による短編集。亡くなった双子の妹を想いながらコロナ禍を過ごす「真夜中のアボカド」や、母親の幽霊と中学生の娘の奇妙な同居生活を描いた「真珠星スピカ」など、5つの物語が収められている​​。

コロナ禍を背景にした2編を含み、人間関係の喪失や再生をテーマに、星や星座をモチーフにして展開される​​​​。

これらの物語は、かけがえのない人間関係を失い傷ついた人々が、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかけるものである​​。

心の奥深くに響く珠玉の短編集。失われた繋がりと再生の可能性を探る物語です。星々のように煌めく人間ドラマ、体験してみてください。

直木賞トップへ戻る

塞王の楯(166回2021年下半期受賞作)

今村翔吾による歴史小説。物語は戦国末期の大津城を舞台にしており、石垣を作る技能集団「穴太衆」と鉄砲職人の集団「国友衆」が「最強の楯」と「至高の矛」をめぐって対決する内容となっている​​。

主人公の匡介は、越前・一乗谷城が織田信長に落とされた際、家族を失い、石垣職人の源斎に助けられる。

どんな攻撃もはね返す石垣と、どんな守りも打ち破る鉄砲という、戦国時代の対立する二つの技術を中心に展開される​​​​。

歴史の奥深さと人間ドラマの複雑さを巧みに描いた作品。戦国時代の技術と心理戦を軸にした物語は、読む者をその時代に引き込みます。過去と現在が交差する壮大な旅を体験してみてください。

直木賞トップへ戻る

黒牢城(166回2021年下半期受賞作)

本能寺の変より四年前の天正六年の冬を舞台に、織田信長に反旗を翻し有岡城に籠城した荒木村重が、城内で起きる一連の難事件に翻弄される。

動揺する人心を鎮めるため、村重は土牢に幽閉された織田方の智将、黒田官兵衛に謎解きを依頼する。

戦国時代の史実を背景にしつつ、密室ミステリーや時代特有のトリックが織り交ぜられた、独特のスタイルを持つ​​​​作品。

歴史の深淵とミステリーの鋭敏さが見事に融合した作品です。史実とフィクションの境界を曖昧にしながら、読者を戦国時代の謎解きの旅へと誘います。

直木賞トップへ戻る

テスカトリポカ(165回2021年上半期受賞作)

佐藤究による長編小説で、鏡三部作の完結編。

本作は、古代アステカ文明の要素とメキシコの麻薬カルテル、臓器ビジネスを絡めた「血の資本主義」を主題に据えた犯罪小説である​​。

資本主義の権化ともいえる凶悪犯罪と血塗られたアステカ神話が交錯する点が特徴で、圧倒的な恐怖と熱量に満ちた作品​​。

アステカの人身供犠と現代社会のダークサイドを結びつけ、人間の本質を浮彫にしている​​。

過去と現在、神話と現実が複雑に絡み合う圧巻の作品です。佐藤究の描く世界は、読者を社会の暗部へと誘い、思考を刺激します。現代社会の深淵を垣間見る機会を得てみてください。

直木賞トップへ戻る

星落ちて、なお(165回2021年上半期受賞作)

不世出の絵師で「画鬼」と呼ばれた河鍋暁斎の娘・暁翠の数奇な人生を描いた一代記である。

物語は、暁斎の死後、残された娘とよ(暁翠)が、腹違いの兄・周三郎や他の家族メンバーとの間で生じる葛藤と均衡の崩壊を背景に、激動の時代を生き抜く姿を描いている。

この物語では、明治から大正に移り変わる時代背景の中で、日本画が西洋技法を取り入れて変化する過程も描かれている​​​​​​​​。

時代の波に翻弄されながらも自身の道を切り開く女性の生き様を力強く描いた作品です。変わりゆく世界の中での一人の女性の強さと美しさを感じてみてください。

直木賞トップへ戻る

心淋し川(164回2020年下半期受賞作)

西條奈加による連作短編小説。舞台は江戸時代の千駄木町の一角で、「心町」と呼ばれる地域とその周辺に流れる「心淋し川」という小さく淀んだ川が物語の中心である。

この川沿いには貧乏長屋が建ち並び、そこに暮らす人々の生活が、社会の底辺での葛藤や希望を描き出している。

社会の底辺で暮らす人々の苦悩を淀んだ川に喩え、彼らの営みを連作の形で描いている​​。

江戸時代の暮らしの中での人々の切なさと希望を感じさせる作品です。淀んだ川のように静かで、それでいて人生の深い流れを感じさせます。

直木賞トップへ戻る

熱源(162回2019年下半期受賞作)

川越宗一による長編小説。明治初期から太平洋戦争の終戦までの期間を描いている。

物語は、樺太で生まれたアイヌ民族のヤヨマネクフと、同じく樺太に送られたポーランド人ブロニスワフ・ピウスツキの二人を中心に展開される。このふたりの生涯は、金田一京助によって「あいぬ物語」としてまとめられており、「熱源」もその内容に基づいている​​​​。

故郷を追われ、文化を奪われた人々の苦悩と再生を描いた壮大な歴史物語であり、樺太アイヌとポーランドの文化を守る戦いを描いている​​。

歴史の影に隠れた文化と人々の闘いを深く掘り下げた力作です。故郷を失いながらも文化を守ろうとする人々の姿は、読む者に深い感動と考えを与えてくれます。

直木賞トップへ戻る

目次へ戻る

\ 2024年本屋大賞も無料で聴き放題 /

・無料期間中に解約すれば料金は0円です

Audible公式サイト:https://www.audible.co.jp

Audibleで聴ける小説「湊かなえ作品」

湊かなえ作品
  • 少女
  • 未来
  • リバース 
  • 境遇
  • Nのために
  • 告白
  • 贖罪

次のジャンル「村上春樹作品」へジャンプ

ジャンル選択へ戻る

1973年生まれの広島県出身のミステリー・推理小説家。

彼女の作品は、20作品以上が映画やドラマにメディア化されており、ミステリー界の屈指のヒットメーカーとして知られている。

特に「イヤミス」と称されるジャンルでの作品が多く、これは読後に【嫌な気持ちにさせるミステリー】を指す。

心理的なスリルと緊張感が特徴で、読者を最後まで引き込むストーリーテリングが魅力。

少女

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

累計100万部を突破したベストセラー小説。

物語は「死」に興味を持った二人の女子高生、由紀と敦子を中心に展開する。由紀は小説を書くが、その小説は盗まれ、敦子は過去のトラウマに苦しむ。

転校生・紫織の出現をきっかけに、二人は人の死を目の当たりにすることを望み、病院や老人ホームでのボランティア活動に参加する。

この物語は遺書を巡るミステリー要素が強く、最後に明かされる真実には、衝撃を受けること間違いなし。​​​​​​

青春の繊細さと暗さを見事に描いた作品。湊かなえ特有のミステリー要素が絶妙に織り交ぜられており、読む者を物語の深淵へと引き込みます。衝撃の結末をぜひ自分の目で確かめてみてください。

湊かなえ作品TOPへ戻る

未来

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

デビュー10周年を記念して書き下ろされた作品。

物語は、「こんにちは、章子。私は20年後のあなた、30歳の章子です」という一通の手紙から始まる。この手紙は、小学四年生の章子に届く。

章子は、父を亡くし母が心の病を患っているため、家事を担う生活を送る。学校では人気者の実里に目を付けられ、イジメに遭うなど、辛い現実に直面している。

物語は章子、親友、担任教師、章子の父の4つの視点と様々な時系列で語られ、章子の周りの人々の人生を通して彼女の人生が浮かび上がる。

いじめ、家庭内暴力、うつ、自殺、放火、二重人格、コンプレックス、性被害など、辛い状況に追い詰められた登場人物たちが描かれている​。​​

湊かなえの鮮烈な筆致で綴られた、心を揺さぶる作品です。過去と未来、現実と幻想が交錯する中で、章子の成長と変化を感じるとともに、読む者に深い思索を促し、人生の意味を再考させる力を持った作品です。

湊かなえ作品TOPへ戻る

リバース

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

物語の主人公は深瀬和久、一見平凡な事務機器メーカーのサラリーマンである。

彼の人生は、美味しいコーヒーを淹れることと、恋人の越智美穂子との穏やかな日々で彩られていた。しかし、ある日、深瀬の過去に起こった出来事が現在に影響を及ぼし始める。

3年前の夏、大学4年生だった深瀬は、ゼミ仲間との旅行で起きた事故により親友を失う。この事故が深瀬の人生を根底から変え、物語は様々な謎を巡りながら進展する​​​​​​。

湊かなえ特有のミステリー要素と深い心理描写が見事に融合した作品です。物語の中で絶妙に描かれる人間関係の複雑さは、読んだ後も心に残ります。

湊かなえ作品TOPへ戻る

境遇

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

デビュー作の絵本がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美が主人公の物語。

二人は親友同士で、幼いころ親に捨てられた共通の過去を持つ。

ある日、陽子の息子が誘拐され、彼女は脅迫状を受け取る。この出来事が物語の中心となり、過去と現在、そして二人の女性の人生が交錯する。

親友同士の女性の絆と葛藤を描いた物語です。この作品を読むことで、自分の「境遇」について深く反省する機会を得られるでしょう。

湊かなえ作品TOPへ戻る

Nのために

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

物語の中心は、超高層マンションの一室で発見された野口夫妻の変死体と、現場に居合わせた20代の4人の男女である。

これらの人物の証言を通して、驚くべき真実が徐々に明らかになっていく。

各登場人物の過去と現在、彼らの相互関係と事件の謎を解き明かしていく過程に引き込まれる​​​​。

複雑に絡み合う過去と未来の話が、鮮やかな純愛ミステリーを紡ぎ出しています。物語の構造が複雑であるため、集中して読む必要がありますが、その分、読了後には大きな満足感が得られます。

湊かなえ作品TOPへ戻る

告白

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

湊かなえのデビュー作で2008年に双葉社から出版されたベストセラー小説。

物語は、娘を教え子に殺された中学教師、森口裕子の視点から始まる。彼女は終業式の日にクラスの前で娘の死の真相を告白し、その後教室を去る。

この衝撃的な出来事をきっかけに、事件に関わる様々な人物の視点から物語が語られ、複雑な真実が明らかになっていく。この作品は第29回小説推理新人賞を受賞し、松たか子主演により映画化もされた​​​​​​​​。

心を強く掴む衝撃的なストーリー展開と深い心理描写が特徴の作品です。一度読み始めたら最後まで手放せなくなるほどの引き込まれる物語。これぞ「イヤミス」です。

湊かなえ作品TOPへ戻る

贖罪

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

『贖罪』は湊かなえによるミステリー小説で、彼女の作品としては第3作目にあたる。この作品は『第63回日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門』の候補作にも選ばれた。

物語は、女子小学生に対する暴力事件とその後の影響を中心に展開する。

主要人物は全員女性で、彼女たちが抱える闇や心理的葛藤が物語の中心となる。

読者は、この厳しい状況と登場人物たちの心の動きを通じて、事件の衝撃とその後の影響を深く感じ取ることになる​​​​​​。

繊細な心理描写が物語の重厚なテーマを支え、読者を最後まで引き付けます。特に女性読者には、主要人物たちの心情に共感しやすくおすすめです。

湊かなえ作品TOPへ戻る

目次へ戻る

Audibleで聴ける小説「村上春樹作品」

村上春樹作品
  • 1Q84
  • ノルウェイの森
  • 海辺のカフカ
  • 世界の終わりと
  • 騎士団長殺し
  • カンガルー日和
  • パン屋再襲撃
  • レキシントンの幽霊
  • 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  • 神の子どもたちはみな踊る
  • 辺境・近境
  • 螢・納屋を焼く・その他の短編
  • 職業としての小説家

次のジャンル「ライトノベル」へジャンプ

ジャンル選択へ戻る

村上春樹は、1979年に『風の歌を聴け』でデビューし、1987年の『ノルウェイの森』が約500万部のベストセラーとなり、一躍有名になりました​​。

村上春樹の熱心なファンは「ハルキスト」と呼ばれ、彼らは村上春樹の描く独創的な世界観に心酔しており、村上の生活スタイルからも影響を受けていると言われています​​。

村上春樹作品の特徴としては、「簡単に別世界へ飛べる」「多様な解釈が楽しめる」「美男美女は登場しない」「感情表現も登場しない」「賛否を呼びそうな表現がある」といった点が挙げられます​​。これらの特徴が、彼の作品を深く想像力豊かで、読者に多くの考察を促す魅力的なものにしています。

さらにジャズへの造詣が深い村上氏は、リズミカルな文章を重視しており、論理よりも物語性を大切にしています。

日本文学とは異なるアメリカ的で無国籍的なスタイルが「国を超えた作家」としての彼の地位を確立しています​​。

1Q84

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

1984年の東京を舞台に、主人公の天吾と青豆は、幼いころの一瞬の出会いから運命的に引き寄せられる。

彼らは「1Q84年」と名付けられた奇妙な世界に足を踏み入れ、現実とは異なる法則が支配するこの世界で数々の謎に直面。青豆は強い意志と行動力で困難に立ち向かい、天吾は彼女を探し続ける。

この物語は、ベストセラーとなり、毎日出版文化賞を含む多数の賞を受賞している。全6巻。

読むたびに新たな発見がある魅力的な作品。現実の枠を超えて広がっていく様子は圧巻です。この不思議な物語の世界にどっぷりと浸ってみてはいかがでしょうか。きっと、新しい発見があるはずです。

村上春樹作品トップへ戻る

ノルウェイの森

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

村上春樹の5作目の長編小説。1987年に上下二分冊で刊行され、日本の小説単行本の発行部数歴代1位を記録した​​。

物語は、37歳のワタナベが過去を回想する形で進行します。高校時代の友人キズキの自殺後、東京の大学で新たな人生を始める彼は、偶然再会したキズキの元恋人・直子との関係を深める。

直子の謎めいた行動や、彼女が入院する療養所での出来事が物語の中心を形成する。

本作は、国内外で高い人気を保ち、2008年時点での国内累計発行部数は1000万部を突破した​​。

若者たちの深い心理と複雑な人間関係を描いた村上春樹の代表作。ぜひ一度、この感動的な物語を読んでみてください。きっと、あなたの心にも深く響くはずです。

村上春樹作品トップへ戻る

海辺のカフカ

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

村上春樹の10作目の長編小説で、2002年に新潮社から上下二分冊で刊行された。

この作品は15歳の少年「僕」が中心となり、彼の成長と自己発見の旅を描いている。また、『ねじまき鳥クロニクル』からの暴力や戦争のテーマも引き継がれており、生々しい残虐なシーンも登場する作品​。

2005年には、フィリップ・ガブリエルによる英訳版がニューヨーク・タイムズの年間ベストブック10冊および世界幻想文学大賞に選出され、蜷川幸雄によって舞台化されたこともある​​。

深い心理描写と壮大なストーリーテリング、村上春樹特有の独特な世界観が心に刺さります。少年の成長と自己発見の旅、自分自身で感じてみてください。

村上春樹作品トップへ戻る

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

村上春樹の4作目の長編小説で、1985年に新潮社から出版された。

物語は40章からなり、「ハードボイルド・ワンダーランド」と「世界の終り」という2つの異なる章が交互に進行し、それぞれ異なる世界を一人称視点で描いている。

現実と非現実の独特な融合が特徴的なまさに”村上春樹作品”です。読むたびに新しい発見があり、想像力を刺激します。

村上春樹作品トップへ戻る

騎士団長殺し

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

村上春樹の14作目の長編小説で、2017年に新潮社から発行された作品。

この作品は全2巻に分かれ、「顕れるイデア編」と「遷ろうメタファー編」という部分に分けられている。

物語は、妻との離婚話をきっかけに自宅を離れた肖像画家の「私」が、友人の父親である日本画家のアトリエに滞在し、そこで発見した「騎士団長殺し」という日本画と石室・鈴をめぐる不思議な出来事に巻き込まれていくという内容​​。

謎めいた物語と深い心理描写が絶妙に絡み合う作品です。読めばきっと、新しい発見と驚きが待っています。

村上春樹作品トップへ戻る

カンガルー日和

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

村上春樹による短編小説集。

1983年9月に平凡社から出版され、1986年には講談社文庫にて文庫化された。この作品集は、伊勢丹主催のサークル向けに配布された雑誌『トレフル』に連載された作品を集めたもの。

『カンガルー日和』を含むいくつかの短編は、後に英訳され『The Elephant Vanishes』(1993年)や『Blind Willow, Sleeping Woman』(2006年)といった短編集に収録された​​​​​​。

一話一話がまるで小さな宝石のように輝く作品です。村上春樹の幻想的で感性豊かな文学世界を探求する旅に、共に出かけてみませんか?

村上春樹作品トップへ戻る

パン屋再襲撃

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

『パン屋再襲撃』は、1986年4月に文藝春秋から出版され、1989年4月には文春文庫として文庫化されている。

この小説集には6つの作品が収録されており、そのうち5つは英訳され、「The Elephant Vanishes」という短編集にも収録されている。

「象の消滅」、「ファミリー・アフェア」、「ねじまき鳥と火曜日の女たち」などの作品には、「渡辺昇」あるいは「ワタナベ・ノボル」という名前が登場する。

日常の中に潜む非日常を巧みに描き出す魅力的な短編集です。彼の独特の世界観に引き込まれること間違いなし。ぜひ一読を。

村上春樹作品トップへ戻る

レキシントンの幽霊

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

1996年に文藝春秋から刊行された村上春樹の短編小説集。

「レキシントンの幽霊」を含む7つの作品が収録され、その6つは英訳され、『The Elephant Vanishes』や『Blind Willow, Sleeping Woman』などの短編集にも掲載されています。

彼の特有の文体と奥深い物語で読者を魅了する短編集です。そのなかの「トニー滝谷」は2005年に映画化されています​​​​。

村上春樹作品トップへ戻る

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は村上春樹の13作目の長編小説で、2013年4月に文藝春秋より発売されました。

名前に色の漢字がない多崎つくるという主人公が、高校時代の友人たちとの疎外感や、突然追放された謎を探求する内容。

彼は36歳になり、心の傷を乗り越えようと、昔の友人たちに会いに行く「巡礼の旅」に出ます​​る。

村上春樹の作品『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は、失われた人間関係と自己探求の旅を描いた深い物語。読む価値ありです。

村上春樹作品トップへ戻る

神の子どもたちはみな踊る

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

『神の子どもたちはみな踊る』は、2000年2月に新潮社より出版された村上春樹の連作短編小説集。

新潮誌に「地震のあとで」という副題付きで連載された表題作を含む、6編の短編が収録されている。

この作品集は、1995年の阪神・淡路大震災やオウム真理教による地下鉄サリン事件といった社会的な出来事に間接的に関わる人物たちを描いており、以後の作品に見られる「ある種の圧倒的な暴力」の片鱗を示している​​​​。

「神の子どもたちはみな踊る」は、混沌とした時代の人間の心理を繊細に描き出す村上春樹の傑作です。

村上春樹作品トップへ戻る

辺境・近境

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

『辺境・近境』は、村上春樹による紀行文集で、1998年4月に新潮社から出版された。

この作品は1990年から1997年にかけて村上春樹が行った7つの旅についての記録している。

内容はニューヨーク州のイースト・ハンプトン訪問、山口県の無人島探訪、メキシコへの旅、讃岐うどんに関する紀行、ノモンハン訪問、アメリカ大陸横断、そして神戸までの徒歩旅行など、多岐にわたる。

この中で「神戸まで歩く」という作品は雑誌未掲載のオリジナルで、他の旅に関する記録も多くの雑誌に掲載されている​​​​。

『辺境・近境』は、村上春樹の独特な視点で描かれた世界を体験できる紀行文集です。彼の旅の記録は、読者に新たな発見と深い感動を与えるでしょう。

村上春樹作品トップへ戻る

螢・納屋を焼く・その他の短編

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

『螢・納屋を焼く・その他の短編』は、村上春樹による短編小説集で、1984年7月に新潮社より刊行された。

この小説集は、5つの短編作品を収録しており、「三つのドイツ幻想」を除く4つの作品は英訳され、『The Elephant Vanishes』(1993年)と『Blind Willow, Sleeping Woman』(2006年)という短編集にも掲載されています。

村上春樹の『螢・納屋を焼く・その他の短編』は、彼の魅力的な文体と独創的な物語の世界を堪能できる作品集です。

村上春樹作品トップへ戻る

職業としての小説家

クリックで動画が視聴できます。
※音が出るので注意。

村上春樹による自伝的エッセイで、2015年9月にスイッチ・パブリッシングから出版された。

この作品は、雑誌『MONKEY』に連載された「村上春樹私的講演録 職業としての小説家」や『考える人』に掲載された講演原稿など、複数のエッセイと新たに書き下ろされた文章から構成されている。

出版に際しては、紀伊國屋書店がインターネット書店への対抗策として、初版の大部分を直接購入する戦略を取り、話題になった。

村上春樹作品トップへ戻る

目次へ戻る

Audibleで聴ける「ライトノベル」

ライトノベル
  • <物語>シリーズ
  • 本好きの下剋上
  • 転生したらスライムだった件
  • オーバーロード
  • 狼と香辛料
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
  • 無職転生

次のジャンル「海外作家作品」へジャンプ

ジャンル選択へ戻る

ライトノベルに対して「単純で若者向け」という先入観を持つ人は多くいます。

しかし、実はこのジャンル、思いがけない深さと複雑さを秘めています。その証拠に、2004年に刊行された「とある魔術の禁書目録」は、ライトノベルで最も売れており、現時点で3100万部を突破。

すでに20年近く経つのにファンの心を離さず、新刊が発売されれば売れている状態です。
※とある魔術の禁書目録はAmazon Audible対象外。

さらにプロの声優による生き生きとした朗読が、物語をより一層鮮明に、感動的に伝えます。

ライトノベルは、社会や人間関係を独自の視点で描き出し、創造性に富んだ多様なジャンルで文学の自由を示しています。

このジャンルの豊かな創造性と多様性を理解することで、読者は新しい発見と知的な満足を得ることができます。ライトノベルは、単なる時間潰しではありません。

先入観を捨て、Audibleでライトノベルに耳を傾けてみてください。思いがけない発見と知的な満足が、そこには待っているかもしれません。

<物語>シリーズ

『〈物語〉シリーズ』は西尾維新による小説シリーズで、第一作『化物語』が2006年11月に講談社BOXより出版された。

このシリーズは、21世紀初頭の日本の田舎町を舞台に、主人公・阿良々木暦と彼に出会った少女たちの怪異に関わる不思議な物語を描いている。

各サブタイトルは、メインキャラクターの名前と怪異の名前を組み合わせたもので、1話ごとに1人の登場人物に焦点を当てる構成になっている。シリーズはテレビアニメ化されるなど、様々なメディアミックス展開もされている大ヒット作​​​​。

物語シリーズは巻に合わせて主要キャラの声優がナレーターを務めるので、アニメさながらの臨場感と満足を巻のたびに得られます。

ライトノベルTOPへ戻る

本好きの下剋上

『本好きの下剋上』は現代日本の本好きが異世界の幼女として生まれ変わり、本を作るために奮闘する物語。

小説投稿サイト「小説家になろう」で人気を博し、書籍版も発行された。この作品は『このライトノベルがすごい!』で複数回1位を獲得し、殿堂入りを果たしています​​​​。

『本好きの下剋上』は異世界転生ものでありながら主人公が能力を手に入れたり戦闘をしたりすることがなく、転生前の記憶だけを駆使して行きていく物語です。

ライトノベルTOPへ戻る

転生したらスライムだった件

『転生したらスライムだった件』は、伏瀬による日本の小説で、略称は「転スラ」です。

この物語は、三上悟が通り魔に刺された後、異世界でスライムとして転生し、新たな人生を歩む様子を描いています。作品は様々なメディアミックス展開を行っており、アニメ化もされており、講談社漫画賞の少年部門を受賞しています​​​​。

異世界スライムとして生まれ変わった主人公の冒険。ユニークな設定と世界観に惹かれること間違いなしです。

ライトノベルTOPへ戻る

オーバーロード

『オーバーロード』は丸山くがねによるダークファンタジーライトノベル。

VRMMORPG「ユグドラシル」がサービス終了を迎える瞬間、ゲーム内のキャラクター・モモンガが異世界へ転移する。

彼はこの世界で自身が作ったキャラクターとして覚醒し、かつてのギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」を名乗り、自身の強大な力を認識しつつ、未知の技術や他のプレイヤーの存在を探る。

この物語は、「魔王」に相当する敵キャラクターを主人公として描き、彼と部下たちが残虐な行為に及ぶ場面もある。

いわゆる「俺 tueee系主人公」の作品。シリーズを通して主人公が苦戦するシーンがなく、スカッとしたい人におすすめです。

ライトノベルTOPへ戻る

狼と香辛料

『狼と香辛料』は、支倉凍砂のデビュー作で、第12回電撃小説大賞の銀賞を受賞したファンタジー小説。

中世ヨーロッパ風の世界で、青年行商人クラフト・ロレンスが「ヨイツの賢狼」と名乗る狼の化身の少女ホロと出会う。

ホロはかつて神として村の麦の豊作に尽くしていたが、時代の変化により忘れ去られる。偶然出会った行商人のロレンスと共に、故郷ヨイツへの帰還を望む。

ロレンスとホロは、行商の旅を通じて様々な冒険を繰り広げ、互いに深い絆を築いていく。

剣も魔法もない、経済とファンタジーが融合する物語。行商を行うロレンスとそれをサポートする賢すぎるホロ。ホロとロレンスの掛け合いは心を惹きつけ、読むほどにその世界に引き込まれます。ぜひ読んでみてください!​​​​下記の記事でも狼と香辛料は紹介しています。

ライトノベルTOPへ戻る

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

通称:俺ガイル(やはりの青春ラブコメはまちっている。)

孤独な高校生・比企谷八幡が中心の物語である。

友達作りを諦めた彼が、学校の奉仕部で才女・雪ノ下雪乃と出会い、学園内の様々な問題を解決しながら、人間関係と自己成長に向き合う感動的な展開が魅力的。

学園ラブコメもの。八幡の独特な考え方が魅力です。雪乃や結衣との関係が、青春の甘酸っぱさをリアルに描いています。

ライトノベルTOPへ戻る

無職転生

34歳で引きこもりの日本人男性が中世ヨーロッパ風の異世界に転生するファンタジー小説。

この作品は、家族や人間関係を軸に、前世のトラウマを乗り越えて成長する主人公の物語を描いている。

トラックに轢かれかけた高校生を救おうとして死亡した後、赤ん坊「ルーデウス・グレイラット」として異世界に転生する彼は、魔法を学び、仲間と共に、自らの過去をも乗り越えていく​​​​。

岡田斗司夫さんも絶賛する無職転生。ライトノベルの中でも群を抜いて設定や世界観にこだわっている作品です。

ライトノベルTOPへ戻る

Audibleで聴ける小説「海外作家作品」

海外作家作品
  • ハリーポッターシリーズ&イッカボッグ
  • ロバート・ラングドンシリーズ
  • 三体
  • 変身
  • 一九八四年
  • モモ

ジャンル選択へ戻る

日本の作品が日本固有の文化や歴史、社会背景に根差しているのに対し、洋書は世界中の多様な文化や歴史を背景にした物語が展開されます。これにより、読者は異文化の価値観や歴史的背景、社会的課題を深く理解する機会を得ることができます。

魔法やファンタジーの世界が織りなす壮大な冒険、歴史と謎解きを組み合わせたスリリングな物語、科学と哲学が交差する独特な未来像など、多彩なテーマは日本の作品ではなかなか出会えないような独自の視点や思考を促します。

今回紹介する本の中には、社会の不条理や監視社会の危険性を批判的に描いた作品、時間や人生の本質に関する深い洞察を提供する物語など、現代社会における普遍的なテーマを扱う作品も多く存在します。

日本の読者にとって新鮮で刺激的な体験を提供し、世界観を広げるきっかけとなります。

ハリーポッターシリーズ&イッカボッグ

言わずと知れた大名作、ハリーポッターと、同作者が描くイッカボッグを紹介。

イッカボッグはJ.K.ローリングの書き下ろし童話です。豊かで幸福なコルヌコピア王国を舞台に、イッカボッグという伝説の怪物を巡る物語が展開される。

王国の北部、マーシランドに棲むと言われるイッカボッグは、子どもを躾けるための作り話と思われていましたが、王様の側近たちによって悪用され、国は荒廃へと向かいます。この中で、不運に見舞われた子どもたちが冒険へと導かれる物語。

ローリング自身、生活保護状態の困難な状況からキャリアをスタートさせ、その後、壮大な成功を収めた作家です。そんな彼女の成功物語は、多くの人々にとってインスピレーションを与えています。

海外作家トップへ戻る

ロバート・ラングドンシリーズ

ロバート・ラングドンシリーズはダン・ブラウンによるサスペンス小説のシリーズ。

主人公、ロバート・ラングドンはハーバード大学の宗教象徴学教授で、彼の冒険は暗号解読や秘密結社の謎に挑むものです。シリーズには『ダ・ヴィンチ・コード』(2000年)、『天使と悪魔』(2003年)、『ロスト・シンボル』(2009年)、『インフェルノ』(2013年)、『オリジン』(2018年)が含まれる。

各小説、3部以上の構成なので全16冊でたっぷり楽しめる。

ラングドンシリーズは、ラストのオリジンを除く4作がトム・ハンクス主演で映画化されています。≫Amazon prime会員なら無料で観れるので、作品もあるのでぜひご視聴ください。

海外作家トップへ戻る

三体

中国のSF作家劉慈欣による長編SF小説で、「地球往事」三部作の第一作です。

文化大革命の時代から始まり、異星人文明と地球との複雑な関係を描く一作。三体星人の世界は、三つの星によって生じる不確定な環境で表現され、彼らが地球に注目する経緯と、地球文明への影響とは?

この作品は、中国で最も人気のあるSF小説の一つとされ、全世界で2900万部以上が発行された。20か国以上の言語に翻訳されています​​。

この作品は、第73回ヒューゴー賞を受賞し、アジア人作家の作品としては初の快挙を成し遂げました​​。マーク・ザッカーバーグやバラク・オバマ元大統領などが絶賛したことで話題になりました。

海外作家トップへ戻る

変身

『変身』はフランツ・カフカの中編小説であり、代表作。

この物語は、ある朝、主人公が巨大な虫に変身してしまったことから始まる。

突然の変貌により、主人公と彼の家族が経験する心理的な葛藤と社会的な断絶が描かれている。1912年に執筆され、1915年に公開された。

フランツカフカの代表作。実はそんなに長くなく、Audibleでは3時間半で聴ける作品(倍速なら1時間強)。一生に一度はカフカの世界を体験することをおすすめします。

海外作家トップへ戻る

一九八四年

ディストピア小説の大傑作。

思想、文学、音楽など様々な分野に大きな影響を与えており、反全体主義、反共産主義、反集産主義のバイブルとされている。

この作品に影響を受けた作家も数多くおり、一九八四年出版以前と以後で歴史を変えたとまで言われる一冊。

全体主義と監視社会の恐怖を描いたオーウェルの傑作です。本作は現代にも通じる深い洞察を持ち、読者に重要な問いを投げかけます。時代を超えて読まれ続ける絶品です。

海外作家トップへ戻る

モモ

『モモ』は1973年に発刊されたミヒャエル・エンデによる児童文学作品。

物語は、時間を盗む灰色の男たちと、彼らに立ち向かう少女モモの冒険を描く。モモは特別な能力を持ち、人々の心を癒し、彼らの時間を取り戻す手助けをする。

この作品は、1974年にドイツ児童文学賞を受賞し、世界中で広く翻訳された。

日本では特に人気が高く、発行部数はドイツに次ぐ規模である。1986年には西ドイツとイタリアの共同制作で映画化され、エンデ自身が本人役で出演していることでも話題を呼んだ​​。

時間の大切さと人間関係の温かさを伝える物語。
Audibleでは高山みなみさんの温かくも力強い声が、ドップリとモモの世界に没入させてくれます。
Audibleで聴くと魅力が何倍にもなる作品です。

海外作家トップへ戻る

まとめ

このようにAudibleで聴き放題の小説は多岐に渡ります。小説は私たちの心を癒してくれたり新たな気づきや経験を与えてくれます。

ぜひこの記事があなたの次の一冊の手助けになれば光栄です。

Audibleで小説の世界に浸りましょう。

  • 月額1,500円で12万冊以上が聴き放題。
  • 30日間の無料体験付き。(1,500円→0円)
  • 無料体験中の解約で費用は一切かかりません。

\今だけ30日間無料!/

無料期間中の解約で料金はいっさいかかりません

Audible公式サイト:https://www.audible.co.jp/

この記事の目次