MENU
人気記事 聞く読書:オーディブルを1000日使った感想

【読書に効果がないはウソ】読書しまくった結果、人生は変わる

当ページのリンクには広告が含まれています。
この記事はこんな人におすすめ
  • 読書に興味はあるけど、なかなか行動に移せない。
  • そもそも読書したら何が変わるのか信じてない。
  • 本にお金をだす余裕がない。

実は、これらすべて読書を習慣化する前の僕が考えていたことです。

読書する前の僕

何かよくわからないけど、この現状を変えたい。でも何をしたらいいかわからない…。

いつもこんな風に思ってました。そして現実逃避でお酒やゲーム、パチンコをしてお金と時間を浪費する生活…。本当に最悪でした。

しかし、ある日、「チーズはどこに消えた」にというたった1時間で読める簡単な自己啓発書に興味を持ち、帰り道に本屋さんで購入。

この本を読んでから人生が変わりました。

たった1冊の本がキッカケですが、読書習慣がついたんです。そして読書を続けた結果、体重が減り収入が上がり禁煙にも成功できました!

この記事では読書によって人生が変わった僕が、読書のメリットと世間の人たちはどれくらい読書をしているかを詳しく書いています。この記事を最後まで読めば、あなたも必ず読書に興味を持つでしょう。

読書習慣をつけるだけで社会人の上位5%に入れます

この記事の目次

読書に効果がないはウソ。読書をするだけで上位5%に入れる

世間で読書などで自己研鑽や勉強をしている人は、どれくらいいると思いますか?総務省が行った調査によると、95%の人が「勉強をしていない」と答えました。20人に1人しか勉強をしていません。

思い返してみてください。職場や友人で読書をしている人はどれくらいいますか?ほとんどいないのではないでしょうか?

それもそのはずで日本の社会人は先進国のなかでもトップレベルで勉強を有名です。別の見方をすれば、毎日読書などで勉強するだけで上位5%入れるということです。

女性の方が勉強家が多い

総務省の平成28年社会生活基本調査によると、女性の方が多く勉強していることが報告されています。

でも読書をするだけで上位5%に入れることを知っていても、継続できる人はほとんどいません。

それは、忙しい子育てや仕事の合間に本を読むのはとてもハードルが高いからです。だからオススメはスキマ時間に読書ができる「聞く読書」。特にAmazonAudibleは本の種類が多くてオススメです。

3つの読書効果

読書効果3選

収入が上がる
語彙力が上がる
知識力が上がる

僕の主観ですがこの3つが読書のメリットです。

収入が上がる

読書と年収の相関関係

読書家に高収入な人が多いのか、高収入になれば余裕ができて読書に勤しむのか。にわとりが先か卵が先かと同様で、この順番は正直言ってわかりませんが、読書と収入に相関関係があるのは確かです。

これはインフルエンサーでありブロガーのマナブさんのツイートです。

僕の副業収入が月3万円を達成したのは読書を始めて3年後でした。

語彙力が上がる

読書する女性

なぜ語彙力が上がるのかと言うと、理解語彙が増えなければ使用語彙も増えないからです。

理解語彙=知っているが使わない言葉。
使用語彙=実際に使っている言葉。

使用語彙は理解語彙の40~50%。つまり言葉を知っていても半分以上は使えません。

読書をすることで作者が使う言葉が沁み込んで、自分でも使えるようになる。これが語彙力が増える仕組みです。

例えばある作者は「可愛い」という表現を「可憐」「愛愛しい」「愛らしい」と本のなかで頻繁に使用していたら、その語彙は自分のなかに沁み込んで自分の生活の中でも使えるようになります。
これが繰り返されて理解語彙→使用語彙となります。

理解語彙をたくさん習得することは、語彙学習において欠かせない要素。

だから本を読めば読むほど、自分が使える言葉が増えて、その結果語彙力が上がったと実感できます。

知識力が上がる

読書のメリット
読書を表した風刺画

知識には段階があります。ここでは知識の力、知識力として説明します。まずは以下のリストをご覧ください。

知識の段階

既知:すでに知っていること。
無知:知らべればわかるけど知らないこと。
未知:知らない領域のなかで知らないこと。
不知:知らないことすら知らないこと。

これだけではわからないと思うので、「ご飯を食べないこと」を例に説明します。

既知→ご飯を食べないとお腹が空く(知っている状態)
無知→ご飯を食べなければお腹が空くのは知っているが、どうしてお腹が空くのかは知らない(調べればわかるが調べていない状態)
未知→ご飯を食べないとお腹が空くのは知っているが、その先はどうなるのか知らない(その先のことは想像もつかないし、調べ方もわからない状態)
不知→ご飯を食べなければお腹が空く。でも一定の空腹状態はファスティングとも呼ばれ、健康にも良いとされている(まったく知らない事実)

ファスティングダイエットというものがありますが、この単語を知らなければ調べることすらできません。この状態を「不知」と呼びます。そしてこの「不知」を減らせるのが読書の最大のメリットです。

なぜなら読書をしていると自分が全く知らなかった単語や、自分が想像すらしていなかった思わぬ知識が得られることがあります。

これが不知→未知や無知に変わった瞬間です。

不知の事実が多いと、知識は凝り固まり視野が狭い状態です。

それが「どこかで見た記憶がある」「なんか聞いたことがある」という状態が不知や未知で、そこから調べることで既知になります。それを繰り返すことで知識力が上がり、視野が広く柔軟な考えができるようになります。

読書は不知を減らすためにとても有効な手段です。

読書しまくった結果=文章力向上、話術向上、痩せた

読書のメリット

僕が3年間読書しまくった結果です。どんな本を読んだのかはプロフィールにも詳しく書いてあります。

結論、読書をしていたら転職が成功して禁煙もできてオマケに体脂肪率が25%→15%になりました。本は読んで行動することで、たくさんのメリットを得られます。

文章が上手になった

読書を続ければ自分が書く文章のレベルも上がります。

僕は仕事柄、文章を書く機会が多いので文章力が上がったのは本当に嬉しい副産物です。

文章の勉強になる本も多数あります。しかし、僕の考えでは特段そういった本を読まなくても、一定の文章力は上がると思ってます。

それは文章に触れる機会が増えれば自然とおかしな表現や、文章構成に気づけるようになるからです

世間では動画やAIが流行っており、文章離れが加速していると言われていますが、文章離れが加速して文章が書けない人が増えている現状の方が、高い文章力を持つ人は貴重になります。

話が上手になった

読書をある程度続けていると「話が上手だね」と言ってもらえる機会が増えました。それは以下3つのポイントが関係するからです。

  • 相手の感情を想像する力が鍛えられるから。
  • 話のレパートリーが増えるから。
  • 心理学などの知識が増えるから。

文章力にも通じますが本を読むことで自然と正しい文章の構成が身につき、その結果話術も向上します。

意識が変わり生活が変わった結果、健康になり痩せる

様々なジャンルの本がありますが、そのなかでも最近注目を集めているのは「健康」ジャンル。

食事、睡眠、運動は健康に欠かせない要素です。その中でも僕はメンタリストDaiGoさんが書いた食事、睡眠、運動の本を読み漁りました。

すると、いつのまにか体に悪いものを食べることに抵抗感を覚え、良い睡眠を取ることを心がけるようになり、運動が習慣化。

その結果、健康的に痩せることができました。

読書ができない理由は「3つのない」が原因だった

読書に効果がない!?

お金がない
時間がない
場所がない

読書ができない理由はさまざまです。しかし結論から言えば、最初は無理をしてでも読書を生活に組み込んで習慣化するべきです。

なぜなら読書で知識をつけて実践していくうちに、時間ができて、時間や場所の余裕ができて、お金の余裕も生まれるからです。

それでもなかなか1冊の本を買うのに抵抗がある方もいるでしょう。特に多いのが「買った本が無駄になったらどうしよう」という意見です。

そんな方のために、本を安く読む方法を教えます。

僕も最初は図書館ばっかり通ってました。

本を安く読む方法3選

図書館で借りる。
読み終わったらメルカリで売る。
Amazonのサブスクを使う。

ひとつひとつ詳しく解説していきますね。

図書館で借りる

読書習慣がない人はまず図書館で借りるのが1番のオススメです。なんといってもタダですから。

図書館のデメリットは読みたい本が借りられないかもしれない点です。特に人気の新書なんかは、何十人も予約が入っていることもザラにあります。

だからどうしても読みたい本があって、それが比較的新しい本の場合は次に紹介するメルカリ活用がオススメです。

メルカリを活用する

どうしても読みたい本があるときは、新書で買ってメルカリで売るのもオススメです。

たとえば西野亮廣さんの新書「夢と金」ですが、定価¥1500円(税込¥1650円)で買っても、メルカリで出品すれば¥1100円で売れています。

このように人気の本なら定価より少し下の価格でもすぐに買い手がつくので、安く新書を読みたい方にはオススメの方法です。

Amazonのサブスクを使う

Amazonのサブスクには読書に特化した物が2つあります。

それはAmazonが提供している電子書籍の読み放題サービスKindle Unlimitedと、本の朗読サービスAmazon Audibleです。

Kindle Unlimitedなら月額980円、Amazon Audibleなら月額1500円の金額がかかりますが、今ならどちらも30日無料キャンペーン中です。

どちらも読み放題なので、毎月1冊以上本を読む人なら元が取れる設計です。

こちらの記事では≫ながら読書ができるAmazon Audibleをオススメする理由を解説しています。参考にしてみてください。

まとめ|本のおかげで人生が変わった|読書に効果がないはウソだった

まとめ

まとめ
読書をするだけで上位5%に入れる
最初は無理にでも読書する時間をつくる
読書は絶対に価値が下がらない自己投資

読書習慣をつけるのは大変なことです。でもそのメリットは計り知れません。

それでも場所がない、時間がない、お金がないのは僕も経験したのでよくわかります。

「子育てが忙しくて本なんて読めないよ」
「仕事と家の往復でいつ読めばいいんだよ」
「そもそも本が高いよ」

こんなふうに思ってましたが、オーディオブックを使えばすべて解決しました。

今では紙の本3割、オーディオブック7割で毎月10冊以上の本を読めて(聴けて)います。

そんなオーディオブックサービスのなかでも世界最大手でオススメなのがAmazonAudible。

1500円の定額制で12万冊以上の本が聴き放題です。仕事での移動中、家事の途中、運動中、耳さえ空いていればいつでも読書することが可能になります。

AmazonAudibleの利用者は毎年増えています。知識に投資するのは早い方が断然お得!

  • 通勤中、家事の途中、運動中でも読書できます。
  • 今だけ60日の無料体験あり。
  • 無料体験中に解約すれば、費用は一切かかりません
  • 無料体験後は月額1500円。毎月1冊聴けば元が取れます。
オーディブルの評判、口コミを集めました。
【1000日使ってみた】AmazonAudibleの評判は?


にほんブログ村

この記事の目次