MENU
人気記事 聞く読書:オーディブルを1000日使った感想

【ただの娯楽じゃない】小説を読むメリット:驚愕の脳効果とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

あなたが長い一日を終えてソファに沈むとき、手に取るのはどんな本ですか?

小説はただの時間つぶしではありません。心の栄養となり、想像力の翼を広げてくれる、不思議な力を持っています。

しかし、「小説は意味がない、もっと実用的な本を読め」と意見する人もいるのは事実です。

なぜこのような意見があるのか。それは、小説は単なる娯楽で役に立たないと思い込んでる人がいるからです。

でも、それは間違いです。

小説は読むことで共感力が高まりコミュニケーション能力が向上し、語彙表現が増えて話が上手になります。

この記事では小説を読むメリットを詳しく紹介します。この記事を読めば、あなたはもっと小説が好きになります。

この記事の目次

小説を読む5つのメリット

小説を読むことは、単なる娯楽ではなく、私たちの心と脳に多大な影響を与えます。

共感力が高まる

小説を読むことで他人の視点を理解し、他人の感情を共有する力=共感力が高まります。

共感力が高まることで、物事を判断するときに相手の立場で考えることもできるので、思慮深い考察が可能になります。

小説にでてくるさまざまな登場人物に触れることで、いろいろな考えや思想を考えるキッカケになります。

文章や言葉の美しさを知れる

小説を読むことで、言葉の美しさや文章のリズム、言語表現の豊かさを体験できます。

これは、私たちの言語能力を高め、表現力を向上させるのに役立ちます。また、美しい言葉や表現に触れれば感性も磨かれます。

ストレス解消になる

小説を読むことは、ストレスを解消するのに役立ちます。イギリスのサセックス大学の研究によれば、わずか6分間の読書でストレスレベルを68%も低下させるとされています。

小説の物語に没頭すれば一時的に現実から離れ、心地よいリラクゼーションを得ることができるからです。

脳が活性化する

小説を読むことは、脳を活性化する効果があります。物語を追うことで、記憶力や理解力、さらには想像力まで鍛えられます。

小説は新たな視点や考え方に触れるキッカケになります。

物語を体験できる

小説を読むことで、私たちは他人の人生を体験したり、非日常的な世界を冒険することができます。

これは、私たちの視野を広げ、新たな視点や考え方を得るのに大変役立ちます。

非日常的な世界を体験することで、私たちは日常生活に新たな刺激やインスピレーションを得ることができます。

小説は、あなたを物語の世界に誘ってくれます。

↑目次へ戻る

小説を読む5つのコツ

小説を読むことは、新たな視点を開く、知識を増やす、想像力を鍛えるなど、多くのメリットがあります。

しかし一方で「読み始めたはいいけど途中で挫折してしまう」「読むのが苦痛に感じる」という経験をしたこともありませんか?

ここでは楽しく最後まで小説を読むためのコツをいくつかご紹介します。

登場人物は全員覚えなくても大丈夫!

小説には多くの登場人物が出てきますが、全員を完璧に覚える必要はありません。主要なキャラクターとその関係性を把握することが重要です。

「なんとなく覚えておく」くらいで大丈夫です。

読みたいときだけ読む

読書は楽しむためのものです。無理に読む必要はありません。

読みたいときに読めるだけ。これが読書を続ける最大のコツです。

「早く読み終わらなきゃ…」「積んでる本を消化しなきゃ…」、なんて意識してしまうとそれが逆に負担になります。

自分のペースで、自分の好きなときにだけ読めばいいんです。

本を読む環境を整える

読書を楽しむには環境を整えることはとても重要です。

カフェで優雅にコーヒーでも飲みながら読書をする、素敵な休日の過ごし方ですね。

カフェのように、本を読むこと以外できない環境を作れば自然と読書は捗りますよ。

合わないと思ったら読むのをやめる

読んでいて「イマイチだな…」と感じたら、読むのをやめるのも大切です。

これで新たな本に出会う機会を増やすことだってできます。

合わないと思った本でも何年かして読み直したらとても面白く感じることもよくあります。

本の内容をアウトプットしてみる

読んだ内容を自分なりにアウトプットすることで、理解が深まります。

noteやブログに感想を書いたり、友人に話したり、SNSでシェアしたりと、自分に合った方法を選びましょう。

Twitterで読了ツイートをすればその本が好きな人と意見を交換し合うこともできます。

小説の選び方3選

小説選びはとても重要。自分の好みや興味があることでなければ、共感もできないし読むのが苦痛になってしまいます。

ここでは小説の選び方のコツを紹介します。

ジャンルで選ぶ

小説のジャンルは多種多様です。

ミステリー、ロマンス、ファンタジー、SF、歴史、ノンフィクションなど、自分が興味を持つジャンルを選ぶことから始めてみてください。

新たなジャンルに挑戦することで、新しい視点や知識を得ることも可能です。

著者で選ぶ

特定の著者の作風や思想に共感することは、小説を選ぶ大きな基準となります。

好きな著者がいる場合、その著者の他の作品を読むのも一つの方法です。

新たな著者を探す際には、賞を受賞した著者や、評判の良い著者から選ぶという方法もあります。

レビューと評価で選ぶ

他の読者のレビューや評価を参考にすることも、小説選びの重要な基準となります。

ただし、レビューは個々の感想であり、必ずしも自分が同じ感想を持つわけではないということを念頭に置くことが重要です。

↑目次へ戻る

小説を読む時の注意点

小説を読むことは素晴らしい趣味です。読書をすることで知識を増やし、想像力を刺激し、リラクゼーションにもなります。

しかし、読書をより楽しく、そして健康的に行うためには、いくつかの注意点を心に留めておくことが重要です。

ここでは読書の3つの注意点を紹介していきます。

暗い環境で読まない

暗い環境での読書は、目の疲労を引き起こし、視力低下の原因となる可能性があります。

適度な明るさのある場所で読書を行い、目の健康を保つことはとても大切。

長時間の読書は目を酷使するため、目が疲れたらしっかり休みましょう。

最近流行っている耳で聞く読書Audibleを使えば、目を使うことなく本の世界にひたらせてくれるのでオススメです。

プロのナレーターや声優が朗読してくれる小説は、物語を一味も二味も深くします。

読みやすい書籍を選ぶ

読書を楽しむためには、自分にとって読みやすい書籍を選ぶことも重要です。

これは、固い口調なのか柔らかい口調なのか、どんなジャンルなのかなど、内容が理解しやすく興味を引くかどうかも読みやすさに影響します。

安くて読みやすい文庫本もおすすめです。

↑目次へ戻る

まとめ|小説の世界を体験してみよう

このように小説を読むことは、共感力を高め、言葉の美しさを知る手段であり、ストレス解消にもなります。

しかし、睡眠時間が減る、書籍代がかさむ、ハズした時のダメージが大きいなどのデメリットがあります。

それでも、読書の効果を実感し、楽しみながら続けるためのコツを掴むことで、読書はあなたの生活を豊かにすることは間違いありません。

小説の選び方や読書環境の工夫をして、ぜひ読書を楽しんでください。

この記事の目次